カテゴリー別
このサイトについて
心に移り行くよしなしごとを、そこはかとなく書きつくっています。

管理人:
サル(英明藤吉)
今日は東京都江東区の、とあるデータセンターにサーバー用パソコンの搬入要員として連れて行かれました。



建物は巨大。エントランスなんて縦に横に超広い。

警備員はちらほら。

ID カードが無いと入れない。

廊下には数十メートルごとに鉄扉がある。同じような造りでヘタをすると迷いかねない。

静脈認証(右手をかざすものがあったから多分そんなもの)もある。



あと、廊下とかサーバー室の天井・床には太いパイプやらケーブル類がこれでもかという位、はびこってました。

…ここって、あれじゃない?







悪の秘密結社みたいな組織が建物の地下にいたりするっていう所じゃない?






あれだけ厳重な警備体制だ。そんなのが存在してたっておかしくない。
きっと何処かの扉の向こうに秘密通路があって、そこから地下への階段なりエレベーターが存在しているはずだ!
そこには怪しい感じの人たちが、怪しい感じで長テーブルを囲みながら、怪しい感じの会議を繰り広げているに違いない。
他にも動物・人体実験の施設とか化学実験の施設とかオカルトな部屋とかが何十もあったり…


かいう妄想を廊下を歩きながら際限なく拡げてました。
もうあんな場所いったら妄想広がりまくりんぐですよwww


まぁサーバー室は青く巨大な筐体がずらーっと並んでてですね(よく NHK とかで出てくる地球シュミレータとはちょっと違うけど大まかにはそんな感じ)、その中のパソコンたちのものすごいファンの音の所為か排気で空気が悪かった所為か、数時間もいたら気分が悪くなってきました。
あの五月蝿さは飛行機が数十メートル頭上を通り過ぎるくらいの音と同じくらいじゃねーかな…。



うはっ。これをネタに何か物語書きてぇ。

トラックバック URL:
at 2006211月28日 22:53 |  妄想  仕事  |  コメント(1)トラックバックなし
カレンダー
« 2006年11月 »
     
1
2
4
5
6
8
10
11
12
13
16
17
18
19
23
24
25
26
29
30
   
その他