カテゴリー別
このサイトについて
心に移り行くよしなしごとを、そこはかとなく書きつくっています。

管理人:
サル(英明藤吉)
たまに少女誘拐とか事件が起きますよね。地の利を活かして巧みに連れ去ったりして。


…まぁ…犯人の気持ちも分からんでもないが…。


独占欲というか、弄りたいというか、足蹴にされたいとか、ぅゎょ(ry
愉快犯って線もありますけどね。

でも殺しちゃいかんだろう、といつも思うわけですよ。
他にもっとこうk【 ドーパミンが切れるまで少々お待ちください... 】


―というわけで2次元で満足できればこれ以上の幸福は無いと思うサルです(ぁ゙ぁ゙ぁ゙…







さて、先日のことですが『本屋で見つからないなら、ネット通販で買えばいいじゃない』という案が脳内会議で決議されたので実行に移しました。↓例の書籍。


『サイコティクス』(ワイレア出版)

(あえて写真なし)


先週土曜日に注文していたものが昨日やっと到着。
さっそく中身を拝見〜。




…パラッ……。

































Σ痛ッ  Σイタタタッ



雑誌見てるだけなのに何で痛みを感じるんだろうね。
そりゃぁお肌になんて刺さってたら見てるだけで痛いだろうよ…。


で、お次は付属の DVD でも鑑賞〜。



…カシャコッ……。































Σ痛ぃッ  Σイタタタタぃタタタッ



刺してるって。針が刺さってるって。
自分がされるのは嫌だけど、見てる分には興奮するって人間ってなんて不思議な生き物なんでしょう(マテ






※18歳未満の少年達や心臓が弱い人とか流血がダメな人にはマジでお勧めできない。
 そんなに出てるわけでもないけど。







謝罪。

(、ン、)

父さん母さん…御免なさい。ボクの趣味趣向はどんどんあさっての方向に進みつつあるようです…。

トラックバック URL:
at 2006410月12日 22:03 |    |  コメントなしトラックバックなし
こんだけ短くなってしまった色鉛筆(水色)をどう扱ってよいか、頭を抱える日々が続いているサルです。



さすがに補助軸も付けられなくなりました。
捨てるのもなんだしなぁ…。(←モッタイナイ病)



天使の声「新しい鉛筆に瞬間接着剤でくっ付けて使えばいいんじゃない?」



゙。゚+.(・∀・)゚+.゚ ソレダ!

生憎、いまその接着剤を持ち合わせていないので今度買ってきて試してみることにします。
天使様ナイスあいであ。









さて、今日はとある雑誌を求めて方々の本屋に顔を出してみましたが見つからず。発売日は今月4日だったし、地方みたいに遅れて書店に並ぶなんてことは無いだろうと思っていたんですが…。

で、その書籍名というのは


『サイコティクス』(ワイレア出版)


価格は1,980円也。
ちょっとアレな雑誌なので詳細が知りたければ Google へどうぞ。


そういうわけで今日は収穫なしかなぁと思っていた所、錦糸町でステキな出会いが。


戯言シリーズ限定コンプリートボックス』



でかっ!!


しかも作者直筆というシリアルナンバー入りのタグまで付いてるし…。

その中身はといえば、Tシャツ(フリーサイズ)、しおり5枚セット、豆本(「栄光の仕様」。字が小さいので注意)、ポスカ12枚(絵柄は戯言シリーズの本表紙に描かれてたものを主に使用)、零崎人識タトゥーシール。あと、ポケットティッシュも入ってました。広告面には「萌紫堂」。まぁ架空の探偵事務所みたいですが代表者氏名「闇口崩子」。

ちょwww崩子ちゃんwww





私は友人から戯言シリーズを借りて読んでたクチなので一冊も本持ってないんです…。
折角なので「きみとぼくの壊れた世界」と「ザレゴトディクショナリー」を入れてみる。

本来なら戯言シリーズ9冊にディクショナリー入れて『コンプリぃーぃぃとぉ!!』って叫ぶのが普通なんだろうけどね。この際、全巻集めてみようかなとか思い始めてます。


遠く離れた地方の友人にこのボックスのことを知らせてみると「わいの分も買っといてーっ!」とかいうステキな返事が。



ちなみにこの「戯言シリーズ限定コンプリートボックス」。

価格は6,090円。

しかもそれなりの大きさなのでキャリーバイクでは1つ運ぶのが精一杯。無理すれば2つ載せられたかもしれませんが…。






つまりは書店とマンションを2往復したので疲れたってことです…。

トラックバック URL:
at 2006610月7日 22:03 |    |  コメント(2)トラックバックなし
時間はまだ夕方の17時だというのに、外はとっぷり暗くなってきている様にあぁ…冬が近づいているんだなぁ…と感慨に耽ってしまう年寄りくさいサルです。

来年春まで東京に居そうな気配になって参りました。ていうかそうらしいって聞いたけど本気かヲイ…。





さて、私情は脇に置いといて今日は趣向を変えて牛乳パックで簡単に作れる筆立てを紹介したいと思います。
ありきたりな物で実用的なものが作れるので、子供たちの簡単な工作にぴったり!

別に毎日がマンネリ化し過ぎてて他に書くネタがないとか、そ、そういうわけじゃないんですよ?


で、用意するもの。

1リットルの牛乳パック (中身は牛さんに感謝しつつ、全てお腹に納めること。良く洗って乾燥させておこう!)
カッター (刃の腹の部分が多少錆びていても気にしない。切れれば無問題なのだから)
セロハンテープ (切れ端が一度本体にくっつくと境目が分からず、2分弱探し回る破目になるので注意)
ボールペン (極細ボールペンってあるけどアレ、時間が経つにつれて書けなくなってくるから困る)
定規 (たまに見かける定規の腹にある溝にはちゃんとした意味があるんです…)



では、準備が出来たところで製作開始〜。


1.牛乳パックの口の部分を切除。


2.それぞれの角をカッターで切開し、展開。
3.それぞれの面を適当な長さのところで切除。


…あとで思ったことですが、2.と3.を逆に行ってれば作業が楽になったかなと反省…。

そしてここからがキモ。
筆(ペン)などを立てた際に如何にして倒れないようにするか、5分くらい思案した結果編み出した技(?)です。

4.下の図のように面の部分にペンでラインを引いて(各面とも同じ)、切り取る所と折り曲げやすいようにカッターで軽くラインをなぞる所は以下の通りです。


5.折り曲げてみたらこんな感じ。


6.あとはコレをうまい具合に組み立てて、セロハンテープで留めれば完成〜。





いくらペン(その他)を立てても倒れやしないぜ!




…作り方の説明が微妙な感じがしますが、まぁそこはシックスセンスで補完を…。





え? 筆立てくらい、百円で買えるじゃないか、と?

それはギャルゲで好感度が MAX にまで上がって、主人公にめろめろな妹キャラくらい甘いよ↑。





スーパーでのお買い物 ¥1,217円。
うち牛乳の値段 ¥169円。
賞味期限切れの牛乳を飲んでお腹を壊した際に買った、胃薬の値段 ¥1,029円。

牛乳パックでモノを作る楽しさ Priceless...




駄文。

そういえば、ボクが小学生くらいの時、1.3リットルっていう中途半端な量の牛乳が売ってあったような気がします(グ●コ製)。
いつの間にか消滅しているようですが…。

トラックバック URL:
at 2006410月5日 21:38 |  創造  |  コメントなしトラックバックなし
カレンダー
« 2006年10月 »
1
2
3
4
6
8
9
10
11
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
28
29
       
その他